2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

«  母子山村留学の拠点校として | トップページ | NHKドキュメンタリー反響!! »

山村留学の拠点校として

大変ご無沙汰しておりました。

忙しさを言い訳にしてはいけませんが長い間お休みしてごめんなさい。

絶体絶命のピンチ。9月議会に

左鐙小学校廃校の条例案が出るかどうかの瀬戸際です。

9月に議案として提案される前に

ちゃんとした数字を見てほしい。思い込みや裏付けなき正論が

判断材料であっては」あまりにも情けない。

政争ではなく正しいデータをもとにこれからの流域を考えましょうということで

8月17日に津和野町で開催された研修会。

藤山浩先生&作野広和先生という濃い講師と70人近い参加者が
高津川流域の市町の現状を共に見つめ、それをもとにしての
ちいさな地域ごとの
未来予測の数字に愕然としました。
巷で言われている、考えられているデータとは違う
本当の数字をしっかりみつめて
これからどういう方向に進むかを
共に考える人なりました
(当日の内容について匹見から参加いただいた方のブログ)

http://blog.livedoor.jp/hikimityou/archives/51963505.html?fb_action_ids=665638430223563&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%7B%22665638430223563%22%3A783653078340355%7D&action_type_map=%7B%22665638430223563%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D

この研修会。高津川流域の議員有志の会が主催で
個別にもご案内を送っていましたが、
残念ながら聞いてほしい方々は不参加でした。

保護者と校区住民のほとんどの署名を集めた
【山村留学の拠点校として左鐙小学校の存続を求める要望書】を
小学校保護者会長から受け取った津和野町教育委員会。

私も、保護者も委員会もみな
子どもを中心に据えて考え
子どもたちにより良い環境をと思う気持ちはおなじはずです。

彼らの幸せをみんな望んでいる。

彼らにとってより良い方向を

神様 どうか 示し 導いてください。

山村留学拠点校として児童を増やしてここで学ぶ子どもが増える。

それはここにいる子にも、他地域からくる子にもプラスだと

私は確信しています。

«  母子山村留学の拠点校として | トップページ | NHKドキュメンタリー反響!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。