2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

自然との闘いPart3 byジモッティ

三度目の登場となりました。ジモッティです。
左鐙を体感してもらう事業も大成功に終わりなによりですが、皆さんが左鐙のことを好きになってもらおうと努力されている中で、私が不気味な生き物のことを書くと逆効果になりはしないか、しばし考えましたが・・・おかまいなしに書いちゃいます。

自然との闘い第三弾は、「ムカデ」であります。
私、この生物が世の中で一番嫌いでございます。
(「闘い」というよりも、、、はっきり言って、怖いです。)
私の家では5月くらいから出始めて、油断していると、というか油断をしていなくても、たまに噛まれて、その部分が腫れ上がったりするなどの被害を被ります。
毒をもった物体に噛まれるという事実と、あのたくさんの足が何本も動きながら歩く姿がこの世のものとは思えない不気味さを感じてしまうんです。

(今こうやって書いていても背筋が凍る思いであります。)

特にたちが悪いのは、夜寝ている間に接近してくるという習性ですね。
ですから、ムカデが出始めることが予想される季節になると私は、慢性的な寝不足に陥ります。
布団に入って、ウトウトとまどろむ・・・「ガサガサ」という音がする・・・ハッと起き上がる・・・あとは恐怖感で寝られなくなる・・・といった感じです。
しかも、この「ガサガサ」という音がくせもので、実はほとんどがムカデではありません。
ハエであったり、単に他の虫なのですが、例えばビニール袋の上にとまったりすると、ちょっと動くだけで「ガサガサ」という私にとりましては、とっても嫌いなホラー音となるのです。

音がする。ハッと起き上がって、音の方向を顔をこわばらせながら凝視する。これの繰り返しなのですが、困ったことに何十回に1回くらいの割り合いで「本物」が出るんですね。

ガサガサ

「ん?(起き上がる)、・・・・・(凝視する)」

ガサガサガサ

「・・・・・(体が硬直する)」

ガサガサガサガサガサ

「・・・・・・・・(出たぁ、と思いながらも声にならず、悪寒が全身に走る」

と、まぁこんな具合です。

本物が出たらどうするか、、、一時もムカデから目を離すことなく、手探りでキンチョールを手にとります。キンチョールは身を守る武器として、一年中所定の位置に置いてありますので、だいたい勘で手に取ることができます。
キンチョールをかけたらどうなるか、あまり殺生の様子を書きたくはありませんので、省略をいたしますが、何とか退治することができます。
でも、退治した後はとても勝ち誇ったという感覚ではなく、しばし茫然自失、ほんとに恐怖感を経験した後というのは、そのようなものなのですね。

もちろん、むやみに殺生はしたくありませんし、出来ることなら遭遇したくありませんので、ムカデが家に入ってこない対策もいろいろとやっております。
出始める季節になると、窓を極力開けない、市販されている白い粉状の薬品を家の周囲にまく、などなどです。それでもどういうわけか部屋の中に現れますので、完全な対策になっているといえませんで、途方にくれておりました。

そんな中で、最近発見した効果的な方法が一つあります。それは「ランプベルジュ」という部屋の消臭、芳香のために液体をランプで燃やすものであります。これを焚くとなぜかそれ以降一切出現しなくなりますので、有効ではないかと感じておりまして、来年以降も試してみたいと思っております。

それにしても、この「ランプベルジュ」、香り高きフランスの製品なのですが、おしゃれなフランスのものが島根の田舎でムカデ対策に使用されていることを生産者が知ると、おそらく絶句することでしょうね。

Img_1011
今日も長くなりましたが、この辺で失礼します。
ちなみに本日の写真も、グロテスクにならないよう、話題とは関係ない地元の神社をのせさせて頂きました。小さくてもとても由緒ある神社で風情があり、ここにくると心が落ち着きます。でも、ここでも「ガサ」という音がすれば一瞬に緊張してしまいます(照。

それでは、また。

自然との闘いPart2 byジモッティ

お久しぶりです。ジモッティです。

シリーズ化しようとたくらんでおります、

「自然との闘い」について、本日も遠慮なしに書いちゃいます。

本日の相手は、ヤモリ です。

皆さんはヤモリって何かご存知でしょうか。

都会のほうでは見うけられないかもしれませんが、

田舎では家の周辺のいたるところによくいる

トカゲみたいな、見た目にも不気味な動物です。

虫を主食としておりまして、

家の窓や電灯の近くなど、

虫がたくさん寄ってくるところで待ち構えている姿をよく見ます。

このヤモリ・・・人間に危険な害はあたえないのですが、

なんといっても厄介なのは、糞をいたるところにします。

単にずぼらなのか、あるいは縄張りを誇示するためか、

白と黒のコントラストが鮮やかな、ホントに気持ちの悪い糞でございます。

朝起きてみると、糞がある・・・掃除する。

次の日起きると、また糞がある・・・また掃除する。

この繰り返しで、いやになってまいります。

でも、ヤモリは、「家守」ともいうだけあって、

おじいちゃんやおばあちゃんに言わせると、

家を守ってくれる大切な動物だから、

決して粗末に扱ってはいけません、と腹立たしい気持ちをたしなめられます。

(家が壊れたら困るしな) 生き物には優しく接しなければいけませんので、

我慢して毎日、糞の片づけを繰り返し過ごしておりましたら、

ある日のこと、

なんと、

私の大切なCDの上に、あの白と黒の物体が・・・・・・・・・・・・

しかも一番気にっているCDジャケットの上に・・・・・・・・・・・・

(おんどりゃぁぁぁ、なめとんかぁぁぁ)

ついに堪忍袋の緒がきれまして、

冷酷に抹殺してやろうと心に固く誓ったしだいであります。

ということで、ためしてみました。

まずは、キンチョール・・・効き目なし。

続いて、もっと強力と思われたムカデキンチョール・・・効き目なし。

(手で触るのは恐いので)

最後の手段として、ごきぶりホイホイ・・・入ってくれない。

不死身です。

(割り箸でつかもうと考えたが、やっぱり恐いので)

今日は、この辺にしといてやろう。

ということで、今では(屈辱にも)仲良く暮らしております。

でも、レッドデータブックにのってくれるとうれしいな、

とこれから毎日お祈りをしたいと思います。

Img_2099

本日の写真は、ヤモリはあまりにもグロテスクなので、

わが家の雨どいに根付き、葉と果実をつけた「野いちご」です。

どうしてこんなところに、と最初は驚きましたが、

おそらく、カラスが実を食べて、種を落としたものが、

こんなところで成長しなたのではないかと想像しております。

ほんと、自然の力と植物の生命力は偉大ですね。

ヤモリも不死身な理由が分かったような気がしました。

では、また。

自然との闘い byジモッティ

はじめまして。

ジモッティと申します。

左鐙のいろんなことを知ってもらいたいと始まった当ブログですが、

私、くだらない部門担当ということで、たまに登場し、

何でも自由に書かせ頂きます。

意味不明なこと、耳障りなこと、平気で書いちゃいますが、

そんなときは読まずにパスしてくださいね。

記念すべき第一回目は、先日起こった「蜂とのバトル」です。

私の家の庭にはドウダンツツジが植えてありまして、

春には小さな可愛い花が咲きます。

ある日のこと、日照りが続いたので水でもかけてやろうかなと

ホースをもって近いづいてみると、

大きなが、飛んでおりました。

しかも、接近してくるミツバチや他の虫に向かって突撃し

ドウダンツツジの周りから追い払おうとしております。

察するところ、ドウダンツツジを自らの縄張りにして守っているみたいで、

蜂の生態はあまり詳しくない私ですが、そのような気配を感じておりました。

しばし、そんなことを考えていると、

なんと、その大きな蜂が

いつのまにやら、私のほうに標準を合わせ向いております。

明らかにこちらと視線が合っており、

一歩でも近づいたら、刺すよ

・・・・・そんなすごい気迫が漂っておりました。

(すっげー恐い)

でも、こちらも自然の厳しさの中で育ったジモッティでありますから、

蜂になめられてなるものか、と、にらみ返してやりました。

にらみ合う事、1分(本当は10秒くらい

空中で全く動くことなくこちらをけん制する姿は、

敵ながらアッパレで・・・・・

私、1歩、2歩、、と後ずさり、、、

「今日はこのくらいにしてやろう」

ということで、バトルは引き分けに終わりました。。。

当分、ドウダンツツジには、

たとえ枯れたとしても近づくまいと、固く誓った私でありました。

Img_1532_1

写真は、ドウダンツツジの花です。

赤と白があって、とても小さな花をつけます。

田舎で暮らしていると生き物との様々な出会いがあり、

次回も別のバトルのお話をさせて頂きたいと思います。

でも、今回のお話がくだらないと怒られたら、次回はやめときますね。

ではでは。

その他のカテゴリー